保湿化粧品 おすすめ

保湿化粧品の成分や、その選び方

肌の乾燥を防ぐには、保湿化粧品などで保湿することが重要ですが、化粧品の選び方もとても大切です。
肌の水分不足はハリや弾力が失われて、しわやたるみ、シミやニキビなどの肌トラブルを招いてしまいます。
このような肌トラブルは、肌の保湿がうまくいっていると予防や改善をすることができます。
保湿化粧品には、スクワランやアミノ酸、セラミドなどの成分が含まれています。
肌の角層にあり、角質細胞の隙間を埋める役割をする天然の保湿剤のセラミドは、角層の成分の半分を占めていて、ヒト型や合成、天然や植物性などの種類があります。
人間の肌にあるものと同じ構造をしているヒト型セラミドは、角層に自然にしみ込むので保水力がとても高いです。
年齢とともにセラミドが減少すると、肌の乾燥を招き、バリア機能が低下するので外的な刺激を受けやすくなってしまいます。
肌のハリと潤いを取り戻して健やかな状態に戻すために、セラミドはとても大切な成分です。
その他の成分には、たんぱく質の1種でハリや弾力を保つコラーゲンや、水分を抱え込む力が強いヒアルロン酸、真皮の弾力を生み出すエラスチンなどがあります。
保湿化粧品の選び方ですが、化粧水はコラーゲンやヒアルロン酸に加えて、ヒト型セラミドなどの美容成分が含まれているものが望ましいでしょう。
また分子のサイズが大きいと肌の奥に浸透しにくいので、しっかりと奥まで届くものかどうかを確認して選ぶことも大切です。
それからクリームなどはバリア機能の高いものを選びましょう。
保湿化粧品は、自分の肌に合ったものを選びましょう。